logo
Home

ソフトウェアライフサイクルを 企画 要件定義 開発 運用 保守のプロセスに区分したとき 企画プロセスの目的はどれか

要件定義プロセス ようけんていぎぷろせす ソフトウェアライフサイクルプロセスにおける2番目のプロセス。 システム開発において、新たに構築する業務システムの仕様、及びシステム化の範囲と機能を明確にし、それらをシステム取得者側の利害関係者間. itパスポート ソフトウェアライフサイクルを 企画 要件定義 開発 運用 保守のプロセスに区分したとき 企画プロセスの目的はどれか h26年春 午前 【問26】 ソフトウェアライフサイクルを、企画、要件定義、開発、運用のプロセスに分けたとき、要件定義プロセスの段階で確認又は検証するものはどれか。. 9)に従ったソフトウェア製品の運用。 c) ソフトウェア保守プロセス(6. ソフトウェアライフサイクルを,企画,要件定義,開発,運用,保守のプロセスに区分したとき, 企画プロセスの目的はどれか。 ア 新しい業務のあり方や運用をまとめた上で,業務上実現すべき要件を明らかにすること. ソフトウェアライフサイクルを,企画,要件定義,開発,運用,保守のプロセスに区分したとき,企画プロセスの目的はどれか。 出典:平成21年秋期 問65. itパスポート h25年春 午前 【問23】 ソフトウェアライフサイクルを、企画、要件定義、開発、運用のプロセスに区分したとき、要件定義プロセスで明確にする項目はどれか。.

10)に従ったソフトウェア製品の保守。 6. ソフトウェアライフサイクルを、企画・要件定義・開発・運用・保守のプロセスに区分したとき,企画プロセスの目的はどれか。 基本情報技術者平成25年春期 午前問64. 8 供給者は,契約したライフサイクルを通じてプロジェクトのソフトウェア製品又はソフトウ. 問65:ソフトウェアライフサイクルを、企画、要件定義、開発、運用、保守 のプロセスに区分したとき、企画プロセスの目的はどれか。 イ:事業の目的、目標を達成するために必要なシステムに関係する. ソフトウェアライフサイクルを、企画、要件定義、開発、運用、保守のプロセスに区分したとき、企画プロセスの目的はどれか。 ア 新しい業務のあり方や運用をまとめた上で、業務上実現すべき要件を明らかにすること. ソフトウェアライフサイクルを 企画 要件定義 開発 運用 保守のプロセスに区分したとき 企画プロセスの目的はどれか ソフトウェアライフサイクルを,企画,要件定義,開発,運用,保守のプロセスに区分したとき,企画プロセスの目的はどれか。 新しい業務のあり方や運用をまとめた上で,業務上実現すべき要件を明らかにすること. 【システムライフサイクルプロセス】 【ソフトウェアライフサイクルプロセス】 取組み中 未実現 実現済み 超上流 の本 iso0、Iso29148 (要求工学)などのスタ ンダード 主にiso/iec15504で使用するプロセスを定義 /3/4 発行.

ソフトウェアライフサイクルを 企画 要件定義 開発 運用 保守のプロセスに区分したとき 企画プロセスの目的はどれか b) ソフトウェア運用プロセス(6. 「ソフトウェアライフサイクルを,企画,要件定義,開発,運用,保守のプロセスに区分したとき,企画プロセスの目的」 は、どれでしょう? (h21秋・システムアーキテクト・午前2問13より) ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓. ソフトウェアライフサイクルを、企画、要件定義、開発、運用、保守のプロセスに区分したとき、企画プロセスの目的はどれか。 ア 新しい業務の在り方や運用をまとめた上で、業務上実現すべき要件を明らかにすること.

それでは、要件定義プロセスに関する過去問をやってみましょう。 問題 ソフトウェアライフサイクルを、企画、要件定義、開発、運用のプロセスに区分したとき、要件定義プロセスで明確にする項目はどれか。 ア:システムを開発する目的. ソフトウェアライフサイクルを、企画、要件定義、開発、運用のプロセスに区分したとき、要件定義プロセスで明確にする項目はどれか。 ア:システムを開発する目的. 【システムライフサイクルプロセス】 【ソフトウェアライフサイクルプロセス】 超上流 の本 iso0、Iso29148 (要求工学)などのスタ ンダード 主にiso/iec15504で使用するプロセスを定義 /3/4 経営者が参 画する要求 品質の確保 2.共通フレームの経緯. ソフトウェアライフサイクルプロセス−保守 Software Engineering-Software Life Cycle Processes-Maintenance 序文 この規格は,年に第2版として発行されたISO/IEC 14764を基に,技術的内容及び対応国際規格の. ソフトウェアライフサイクルを 企画 要件定義 開発 運用 保守のプロセスに区分したとき 企画プロセスの目的はどれか 図のソフトウェア ライフサイクルを,運用プロセス,開発プロセス,企画プロセス,保守プロセス,要件定義プロセスに分類したとき,aに当てはまるものはどれか。ここで,aと網掛けの部分には,開発,企画,保守,要件定義のいずれかが入るものとする。.

問題文; ソフトウェア ライフサイクルの主プロセスを,企画,要件定義,開発,運用,保守に分けたとき,要件定義プロセスで実施する作業として,適切なものはどれか。. ソフトウェアライフサイクルを、企画、要件定義、開発、運用のプロセスに区分したとき、要 件定義プロセスで明確にする項目はどれか。 ア システムを開発する目的 イ ソフトウェア品目ごとの機能と能力 ウ データベースの構造. ソフトウェアライフサイクルとは「企画」「要件定義」「開発」「運用」「保守」の5つのプロセスに分類される。 ア 運用プロセスとは,開発したシステムへの移行や運用を行うこと。利用者教育なども含まれる。 問題 ソフトウェアライフサイクルを,企画,要件定義,開発,運用のプロセスに区分したとき,要件定義プロセスで明確にする項目はどれか。 システムを開発する目的 ソフトウェア構成品目ごとの機能と能力 データベースの構造 利害関係者のニーズと要望事項 // 答え エ 解説 // 関連情報. ソフトウェアライフサイクルを、企画、要件定義、開発、運用、保守のプロセスに区分したとき、企画プロセスの目的はどれか。 ア 新たに構築する業務、システムの仕様を明確化し、それをベースにIT化範囲とその機能を具体的に明示し、その内容について. 今回はライフサイクルにおける開発プロセスについて学習を深めていきました。 3つのモデルとそれぞれのメリットデメリットは最低限でも抑えておきたいですね!. ソフトウェアライフサイクルを,企画,要件定義,開発,運用のプロセスに区分したとき,要件定義プロセスで明確にする項目はどれか。 ソフトウェアライフサイクル / ITパスポート 平成25年・春 問23. ソフトウェアのライフサイクルは、以下の順番で実行されます。 企画⇒要件定義⇒開発⇒運用・保守 それぞれのプロセスの内容を見ていきましょう。 1.企画プロセスは、ソフトウェアやシステムの目的や目標をまとめて、計画を立てます。.

ソフトウエアには,企画から開発,運用・保守,廃棄までを含む一連のプロセスがあり,このプロセスのことを「ソフトウエアライフサイクルプロセス」と言います。標準的なソフトウエアライフサイクルプロセスを規定したものに共通フレームがあり,ここではソフトウエアライフ. 25年春 問題一覧へ 問題 問23 ソフトウェアライフサイクルを,企画,要件定義,開発,運用のプロセスに区分したとき,要件定義プロセスで明確にする項目はどれか。 ア システムを開発する目的 イ ソフトウェア構成品目ごとの機能と能力 ウ データベースの構造 エ 利害関係者のニーズと要望.